洋服を選ぶ女性
洋服選びを苦痛に感じていませんか。

ファッションに興味がない人にとって、自分に合う洋服を選んだり、季節に合わせて洋服を揃えたりするのは、大きなストレスです。
洋服の管理や、コーディネートを考えるのがめんどくさいという人もいるでしょう。

洋服選びが苦手な人の悩みは様々です。どのような悩みがあるのでしょうか。

服を買うのが苦痛

頭を抱える女性

服を買うのが苦痛な人は少なくありません。

洋服を買いに行くためには時間と手間がかかります。忙しくて服を買いに行く暇がない、という人もいるでしょう。
忙しいのに、着る服がなかったら、わざわざ時間を作って買いに行かなければなりません。この状況は「服を買う」という行為が苦痛になる原因でもあります。

それに加えて、洋服選びが苦手な人の場合、何を買えばよいのか、どの店で買えばよいのかに人一倍悩んでしまうため、時間や労力を要します。
買う洋服をなかなか決められないでいるうちに、気力も体力もすり減っていき、買い物が終わるころには疲れ果ててしまいます。

散々迷って購入した洋服が似合わなかったり、気に入らなかったりしたら、自信はさらになくなり、服を選ぶことへの苦手意識だけが強くなっていきます。
自分に似合う服の系統がはっきりわかっていれば、買う洋服を選びやすくなりますが、ファッションに興味がなければどんな服が自分に合うのかわからず、選ぶ基準となるものがありません。
判断基準がない中で買う服を選ぶのは難しいことです。

店の人に話しかけられたくない・・・

お店の人に話しかけられるのが苦手だという人もたくさんいます。

服選びが苦手だからと言って、お店の人にアドバイスを求める人ばかりではないのです。好みのファッションやどんな洋服を探しているかをはっきりと説明できなかったり、おすすめされた洋服の良さがわからなかったりして、お店の人と会話するのが苦痛で服を買うのが億劫になることは珍しいことではありません。

興味がない・・・

また、好きなことにはコストをかけられても、興味のないことにはできるだけお金を使いたくないというのは当然のことです。

洋服にお金をかけることを無駄に感じながらも、着る服がないために仕方なく買っているという人もいるでしょう。おしゃれが大好きな人にとっては楽しい洋服のショッピングも、ファッションに興味がない人にとってはストレスにしかなりません。

コーディネートするのが苦手

山の様に積もっている沢山の洋服

毎朝、何を着て出かけたらいいか考えることは、ファッションに興味がない人にとって大きな負担です。

それでも、毎日同じ洋服を着て行くわけにはいきませんし、季節に合わせた素材や袖丈の洋服を選ばなければなりません。
トレンドを押さえたり、自分らしさを出したりする必要性はなくても、女性としてきちんとした服装で外に出ることは最低限のマナーでもあります。

服選びは苦手だけど、周りの目は気になるという人もいるかもしれません。
だからこそ、苦手なコーディネートを毎朝考えなければならないことがストレスになってしまうのでしょう。

持っている服をうまくコーディネートして着ることができないと、洋服の数がどんどん増えていき、クローゼットの中がパンパンになってしまいます。

さらに、自分の好みの系統がはっきりしていない場合、様々な系統の洋服が増えていくため、クローゼットの中は統一感がありません。
統一感のない洋服を上手に着回すのは難しいため、ただでさえ苦手なコーディネートがさらに難しくなってしまう悪循環が生まれます。

服を買ってもうまく着回せず、着る機会が少なければ、買う意欲も下がります。
クローゼットの肥やしにしかならないのなら、買わなければよかったと後悔する人もいるでしょう。

コーディネートに対する苦手意識は、服を買うのが苦痛な原因にもつながってしまうのです。

おしゃれに自信がない

洋服選びに悩んでいる女性

自分のセンスに自信が持てないために、服選びが苦痛になっている人もいるでしょう。

自分のセンスに自信が持てないと、色々なテイストの服に挑戦したり、普段とは違うコーディネートを試したりしたくても勇気が出せず、いつも同じような無難な服装になってしまいがちです。
本当はおしゃれを楽しみたいのに、挑戦できないもどかしさを抱えたり、おしゃれな人と自分を比べて劣等感を持ったりしてしまう人もいるかもしれません。

服選びが苦手な人の悩みを軽くする方法

何かにひらめく女性

服選びが苦手な人にはそれぞれ様々な悩みがあります。悩みを軽くするためにはどのような方法があるでしょうか。

自分の服の系統を定める

自分の服の系統を決めると、服を買う際に選びやすくなります。

また、クローゼットの中が同じ系統の服で揃うので、毎日のコーディネートの幅も広がり、服選びの負担が軽くなるでしょう。

ファッションに興味がない人は、好きな系統を決めるのに苦労するかもしれません。
その場合は、購入する洋服ブランドを1つに絞ってみてください。そうすると、選択肢が狭まり、服選びがしやすくなるでしょう。

友達や家族アドバイスをもらう

自分で自分に似合う服を選べない場合は、信頼できる友達や家族にアドバイスしてもらうのがおすすめです。

似合う服を客観的に見て判断してもらえば、失敗を避けることができます。
洋服店の店員と会話すのが苦手な人でも、気の置けない間柄ならリラックスして相談することができるでしょうし、自分の代わりに服選びをしてくれる人が身近にいると安心です。

あまり考え過ぎない

苦手意識が強くなると、服を選ぶことがどんどん苦痛になっていきます。

毎日の服選びがどんなに憂鬱でも、考え過ぎないようにすることが大切です。
服選びがうまくいかなくても気にしないようにして、できるだけストレスを溜めないようにしましょう。

コーディネートを勉強するために、ファッション雑誌を読んだり、SNSを参考にしたりするのは効果的ですが、興味がないことには力が入りません。ファッションに興味がないなら無理に頑張る必要はありません。最低限、季節に合わせて夏には半袖、冬には長袖を選んでいれば正解、くらいに軽く考えるのがおすすめです。

服レンタルサービスを利用する

服選びに毎日苦しんだり、悩んだりするのなら、洋服のレンタルサービスを利用するのも一つの方法です。

服レンタルサービスなら、自分の体型や、シーンに合わせて最適な服をコーディネーターが選んでくれます。
手持ちの服との着回し方法のアドバイスもしてもらえるので、コーディネートの幅を広げることができます。

レンタル後は返却するので、クローゼットを圧迫しませんし、管理の負担もありません。
自分で服選びをしなくても、着て行く服が決まっているということは日々のストレスを軽くしてくれるでしょう。

何より、似合わなかったり、気に入らなかったりしても、レンタルなので返却するだけです。
いつも選ばないような服に挑戦しやすいだけでなく、次に届く服がどんなデザインなのか、自分に似合うかどうかをワクワクした気持ちで待つことができます。

気軽に色々な洋服を着ることができる服レンタルサービスを利用すれば、ファッションに興味がなかった人でも、おしゃれを楽しむ気持ちが芽生えるかもしれません。

洋服選びの悩みを抱えている人は多い

ウインクをしている赤毛の女性

女性は、おしゃれが大好きというイメージが強いかもしれませんが、服選びを苦痛に思っている人は大勢います。
洋服選びの様々な悩みを全て解決するのは難しいかもしれませんが、軽くすることはできるはずです。

今回紹介した方法をぜひ試して、苦手意識を少しでも軽減してください。